日焼け後の美白ケアは、何からはじめたら良いの?

日焼けした直後のケア
・冷水で冷やす
・水分を補給する
・化粧水で保湿する

日焼けした直後は、軽い火傷状態なので、とにかく冷やすことが大切です。
化粧水で保湿する時は、強くパッティングするのは厳禁。
やわらかいコットンで、軽く押すように、やさしくパッティングするようにしましょう。
この時、化粧水はケチらず、たっぷり使うこと。
肌はなぜ黒くなるの?
紫外線から肌を守る役割を果たすのが、メラニン色素です。
日焼けで肌が黒くなるのは、メラニン色素が処理できる、紫外線の量を超えたからです。
これを「炎症性色素沈着」とも言います。
もともとシミがあると、さらに濃くなることがわかっています。

痛みが治まってから、肌を白くするケアに入ります。
放置していても、数ヶ月すれば元に戻りますが、処理仕切れなかったメラニン色素が、
シミになるのを防ぐために、今のうちに徹底的にケアしておきましょう。

日焼け後は絶対にしておきたい、シミを作らせない徹底美白ケア

黒くなった肌の、正しい美白ケア

日焼けの赤みや痛みが沈静化するまでは、 ビタミンCたっぷりの食品を食べるようにして、体内から黒色メラニンに働きかけます。

ビタミンCというと、レモンを真っ先に思い浮かべる女性も多いのではないでしょうか?
スーパーでも手に入りやすく、ビタミンCがレモンの2倍も入っているのは「味付けのり」です。 意外ですか?

他にも、キウイフルーツ、イチゴ、赤ピーマンにも多く含まれるので、
食事にうまく取り入れるようにします。


ビタミンCには、ビタミンEと結びついて、新陳代謝を活発にする働きがあるので、
黒色メラニンの排出を促したり、肌のキメを整えたりする、美肌作用はありますが、
メラニンに直接作用してくれるわけではないので、目に見えて肌質が変わる頃には、
日焼けは治っています。
ビタミンCは、黒色メラニンが出来にくくなる、予防対策と考えたほうが良いでしょう。


日焼けして出来た黒色メラニンを、そのままにしておくと、シミに発展することがあります。
シミに発展させないためには、直接メラニンに働きかける、美白化粧品が最適です。

美白化粧品には、予防型と漂白型がありますが、
日焼けで既に黒色メラニンが出来ているので、迷わず漂白型を選びます。

漂白型の特徴は、美白作用が最も高い、ハイドロキノンが使われています。
ハイドロキノンは、皮膚科のシミ治療薬と同じ成分です。
化粧品会社のものは、独自の成分配合で、 有効成分を浸透させるナノテクノロジー技術が、
医薬品よりも優れているところも注目です。

有効成分で選ぶ

・美白成分の有効性
ハイドロキノン > アルブチン > ビタミンC誘導体
アルブチンやビタミンC誘導体などは、効き目がゆるやかなので、予防型と言われる成分です。
皮膚科のシミ治療薬と同じハイドロキノンなら、自宅で手軽に、本気の美白ケアができます。

ナノテクノロジーで選ぶ

水と油は決して混ざりませんよね?
それと同じで、水溶性の美容成分は、表皮の皮脂バリアにはじかれてしまいます。
黒色メラニンに直接働きかけるには、皮脂バリアを通り抜けられるナノテクノロジー(浸透力)のある、 美白化粧品を選ぶようにしましょう。

返金保証付きを選ぶ

たとえ無添加でも、誰にでも合うとは限りません。
添加物以外の成分でも、人によっては、アレルギーの原因になり得るからです。
あなたに合うのか、合わないのか?、ここが一番大事です。
相性を確かめる意味でも、返金保証付きのトライアルセットだと、安心ですしお得です。


3つの条件が揃っているのは、話題の美白コスメだけ!
試してみれば、相性はすぐにわかりますよ♪